IGEM:Kyoto/about

From OpenWetWare

< IGEM:Kyoto
Revision as of 12:46, 4 December 2010 by Tomo Murayama (Talk | contribs)
Jump to: navigation, search

Contents

iGEMとは

iGEM Logo
実験風景

iGEM(アイジェム:the international Genetically Engineered Machine competition)は学部学生を主体とした合成生物学の世界大会です。マサチューセッツ工科大学内の生物工学分野における学部学生教育の一環として始まりました。その規模は年々拡大し、現在では世界各国から100チーム以上が参加するまでになりました。

iGEMに参加するチームはまず、各々で自由な実験テーマを設定します。iGEM本部からのテーマに関する規定は構築した遺伝子を生きた細胞内で機能させることのみです。夏の初めには、MITが用意する様々な遺伝子のパーツ(BioBrick;共通規格の制限酵素認識部位を両末端に待ち、組み合わせが容易な遺伝子パーツ)が各チームに送られてきます。


学生チームは夏休みをかけて各々の実験スペースで実験を行い、BioBrickや新規パーツを用いて生体システムを考案、設計、そして構築し、生きた細胞内で機能させます。また、実験と並行して実験結果などをインターネット(wiki)経由で全世界に発信していきます。最終的には、11月に行われるJamboree(本選)で英語による口頭発表とポスター発表を行い、wikiの内容を踏まえた厳選な審査の結果、様々な賞が与えられます。

iGEMは学部学生の大会ではありますが、そのレベルは高く、特にfainalist(決勝進出者)のレベルはあと少しで論文を書けるレベルに近いと評する方もいます。 iGEMに参加することで、新たな工学化学の学術分野である合成生物学の根幹に触れ、絶えず発展しつづける合成生物学の一旦を担うことができるはずです。さ らには、基本的なDNAワーク、最先端の実験手法、モデリングなど学部学生ではまず得ることができない「生きた経験」を得ることができます。

iGEM Jamboreeまでの道のり

  • 11月に開催されるiGEMの大会までには色々な活動を行います。
    • テーマ決定
    • 実験、wiki作製
    • "human practice"活動
    • 本番用ポスター、スライドの作成
  • 学部生からの研究体験だけでなく、運営、国際交流といったように、たくさんの貴重な経験を得られるのがiGEMの魅力です!



Personal tools